BCリーグ『とは』

BCリーグに所属する『武蔵ヒートベアーズ』を中心とした野球ブログ

MENU view raw

7/18(水)西武ライオンズ戦 試合観戦レビュー

f:id:taira270000:20180719224435j:plain

先発は村田投手

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

武蔵

0

0

0

0

1

0

0

0

0

1

9

0

西武

4

0

1

1

0

0

1

0

X

7

10

0

勝利投手 [西武]平良

敗戦投手 [武蔵]村田

セーブ  

 

本塁打  [福島]

     [武蔵]

 

バッテリー [武蔵]村田、李、中島、小沼、安河内 - 富田、横田

      [西武]平良、藤田、福倉、田村、本田 - 齊藤誠、駒月

 

選手にとって力試しとなるNPB戦。

練習試合とはいえ一人ひとり強い気持ちで試合に臨んでいたと思います。

結果が出た選手と本来の力を発揮できなかった選手...明暗が分かれました。

<試合振り返り>

村田投手

先発はエースの村田投手。

先頭打者の呉選手に初球ストライクをライト前に運ばれます。

試合の入り方が良くなかったのか、初回はヒット3本に四球が2つで4失点。

絶好のアピールの場面で気負い過ぎてしまったのでしょうか...

結果、村田投手は3回を5安打3四球。5失点で降板となります。

本来の力で西武打線に対してどこまで通用できるか見てみたかったです。

この悔しさはリーグ戦でぜひ晴らしてください!

f:id:taira270000:20180720002755j:plain
f:id:taira270000:20180720002858j:plain
李永賢投手

2番手は新入団選手の李永賢投手。

後期最下位に沈むチームにとって起爆剤として期待したい投手です。

当日はユニフォームが届いていないのか背番号が16でした。

ネットでの発表だと背番号は12になるみたいですね。

そんな彼の初登板となった西武ライオンズ戦。

緊張も大きかったのではないでしょうか。

結果は1回を1安打1四球1失点。

失点はしましたが、初登板でこの内容はまずまずでしょう。

反省点をあげるのであれば失点につながった先頭打者への四球。

中継ぎでの起用が予想されるため、先頭打者への四球だけは気をつけてもらいたいです。

f:id:taira270000:20180720005540j:plain
f:id:taira270000:20180720005830j:plain

中島投手

3番手はサウスポーの中島投手。

後期唯一勝ち星を挙げている投手です。

そんな中島投手は2回を投げ1安打1四球で無失点。

持ち味の打たせてとるピッチングで素晴らしい内容でした。

ピンチらしいピンチもありませんでしたし、良いアピールができたのではないでしょうか。

リーグ戦では先発起用でしょうから、9回を投げ切る中島投手に期待しましょう。

f:id:taira270000:20180720011111j:plain
f:id:taira270000:20180720011307j:plain
小沼投手

4番手は小沼投手。

結果は1回を投げ3安打1失点。

村田投手と同じく納得のいく内容とはなりませんでした。

もっともっとやれる投手なので、まずはリーグ戦で結果を残してもらいましょう!

個人的には先発として長いイニングを投げる小沼投手が見たいです。。

f:id:taira270000:20180720012555j:plain

安河内投手

最後は投手陣の中で今1番期待されているであろう安河内投手。

注目の先頭打者は...四球。

嫌な形で先頭打者に出塁を許します。

しかし、安河内投手がここから本領を発揮。

8番途中出場の駒月選手を三振に仕留め1アウト。

次の打者は力で差し込みセンターフライで2アウト。

1番の呉選手も三振で仕留め1回を無失点で降板します。

プロの打者でも安河内投手のストレートを捉える当たりは0でした。

降板後に塁審が『あいつ良い球投げるな』と話していたことにも衝撃です。

アピールを続ける安河内投手。秋がとても楽しみです。

f:id:taira270000:20180720015123j:plain
f:id:taira270000:20180720015214j:plain
加藤選手

野手陣の中で最も輝いてた選手は加藤選手でしょうか。

この日は1番センターで出場。

4打数2安打で1番の役割を十分に果たしました。

内容も逆方向へのヒットで素晴らしいバッティングでした。

リーグ戦でもその打撃が続くと自ずと成績も残るのではないでしょうか。

f:id:taira270000:20180720022015j:plain
f:id:taira270000:20180720022357j:plain
末永選手

加藤選手の後ろを打つ2番ショートで出場。

加藤選手がヒットで出塁した場面では、2打席とも連打で続きチャンスを広げてくれました。ここ最近バットが振れている末永選手。

後期はチームの攻撃の中心として頑張って欲しいです。

守備でも難しい当たりを難なく処理。ショートしてチームを盛り立てていました。

f:id:taira270000:20180720022028j:plain

関口選手

1番期待されたであろう関口選手。結果は残念ながら4打数0安打。

チャンスで二度も凡退と彼らしくありませんでした。

前期MVPを獲得した関口選手ですが、ここ最近は成績も下がりつつあります。

関口選手の活躍無くして、武蔵のリーグ上位はありえません。

暑くなり疲労も出始める時期ですが、なんとか乗り越えてもらいたです。

f:id:taira270000:20180720022414j:plain

練習試合とはいえNPBとの試合は選手の強い気持ちが伝わってきます。

残念ながら負けてしまいましたが、NPBのチームに対し、結果を残せた選手が複数いることはプラスに捉えれます。リーグ戦でさらに活躍してくれることを期待したいと思います。

残念ながら結果を出せなかった選手たちには、リーグ戦での奮起に期待しましょう。

リーグ戦、連敗が続きますが今まで以上の応援を続けていきましょう!